おしらせ
豆知識

2018.08.28火葬場の色々⑦

火葬場の豆知識も第7弾になりました。いつも有難うございます、飯塚です。

セレベルのお客様のご利用は稀ですが 今日はお隣 川崎市営斎場のお話です。

横浜市営の火葬場は4ヶ所、とお伝えしましたが では川崎市営は??

北部と南部の2ヶ所です。

 

かわさき北部斎苑は JR津田山駅から7~8分の下作延にあります。

かわさき南部斎苑は JR川崎駅から車やバスで20~30分、夜光3丁目にあります。

 

火葬炉は北部16炉、南部12炉 言葉は良くないですが フル稼働です。

kasouba

横浜市と違うところは、火葬炉に入った後、休憩室へ移動する際 遺影写真と白木のお位牌を部屋にご移動していただくこと、使用料の他にお部屋代お1人100円がかかること

(おしぼり・お茶代)でしょうか。

 

火葬料金もかなり違います。 横浜市民は横浜市営斎場火葬料12000円ですが

川崎市民がかわさき市営を利用すると4500円です。(横浜市高め?)

 

火葬時間はほぼ横浜と同じくらい(おおよそ70分前後)

 

北部斎苑の駐車台数には制限があり、斎場に火葬目的のみの場合は4台、斎場で通夜も行い、火葬の場合でも6台、と結構厳しい決まりがあります。

 

…本来 横浜も無制限ではありません。大勢様ご利用になる公共の施設ですので

マイクロバスをご利用されるなどしていただけたら 大変有難いです。

なにせいつもいっぱい!

 

横浜同様、川崎も混んでいます。

計画されている(仮)横浜東部が開場されると少し変わるかな~

 

ふと思ったこと、なぜ 「かわさき」と平仮名?

読みやすくわかりやすいからでしょうか…?

セレベル家族葬プラン一覧

  • まごころプラン
  • なごみプラン
  • ひだまりプラン
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • お客様の声
  • セルベル式場
  • 選ばれる理由