おしらせ
豆知識

2019.09.27葬儀・お葬式でのマナーはどんなのがあるの? セレベルが詳しく解説します。

お葬式のマナーで気にしたいものは、この4点です。

  • ・服装
  • ・香典
  • ・お焼香
  • ・お悔みの言葉

葬儀のマナーを知らないと、失礼にあたってしまうこともあります。
親族だけでなく仕事上でお世話になった方たちの前でも恥ずかしい思いをしないために本記事では葬儀マナーで気を付けたいポイントをご紹介します。

1.お葬式に何を着ていけばよい?

葬儀のマナー

突然の訃報を受けた場合、どんな服装で葬儀に参加しなければならないのか、迷う方も多いでしょう。
お通夜などに参加する時間によっては、仕事帰りなどに直接参加しなければならないこともあるかと思います。
そういった場合は平服でも良しとされていますが、男性は可能な場合、ネクタイと靴下を黒色のものに変更するのがよいでしょう。最近ではコンビニでも取り揃えていますので、帰り際に簡単に寄って着替えることができます。

 

準備する時間がある場合は、喪服を着用しましょう。喪服は正喪服、準喪服、略喪服と3種類あります。
正喪服は喪主など主催者側が着用するもの、略喪服は三回忌以降の法事などで着用するもので、一般的な喪服は準喪服と呼びます。

ここでは一般的な準喪服のルールについてご紹介します。

男性の喪服の基本的なルール
  • ・ダークスーツ
  • ・黒ネクタイ
  • ・黒靴下
  • ・黒靴

スーツに関しては光沢の無いものを選びましょう。ネクタイはネクタイピンをつけないのが通例ですがカフスは問題ありません。靴に関しては金属金具が無いものを選びましょう。

女性の喪服の基本的なルール
  • ・黒、または地味なスーツかワンピース
  • ・黒い靴
  • ・黒か肌色のストッキング

スーツやワンピースに関しては光沢の無いものを選びましょう。靴はサンダルやヒールの高いもの、またエナメルなどの光沢のものは避けて、低いヒールのパンプスがよいです。ストッキングはいづれも厚手のものは避けましょう。冬場は肌色ストッキングの上に黒ストッキングを合わせて履くと温かいです。
また、アクセサリーをする場合は、パールを選びましょう。

 

また、男性・女性問わず動物の皮製品は殺生を思わせるため、避けましょう。

 

次に、お葬式の持ち物として必須の香典のルールについて紹介します。

2.香典の金額は?不祝儀袋は何を選べばよい?

不祝儀袋

葬儀の持ち物として必須なのが、香典です。香典は故人との間柄や宗派によって、金額や不祝儀袋が様々です。

香典の金額はどれくらいがよいの?

香典の金額は故人と親族かどうか、またご自身の年代がどのくらいか、などで分けられます。
一般的には下に記載した金額が目安です。

  • ・両親:5万円~10万円
  • ・祖父母:2万円~5万円
  • ・兄弟姉妹:2万円~5万円
  • ・友人、知人、隣人:5,000円~2万円
  • ・仕事関係者:5,000円~2万円
  • ・顔見知り程度:3,000円~1万円

また、年代によっても20代の方が低めで、年齢が上がるにつれて高くなると考えましょう。
お札は向きを揃え、新札は避けましょう。新札は故人が亡くなることを予想していた、という意味があるからです。もし手元に新札しか無い場合は一度折り目を付けてから入れるようにしましょう。

不祝儀袋は何を選べばよい?

不祝儀袋は金額や宗派によって選ぶものが変わりますが、基本的には「御霊前」で準備するのがよいでしょう。
もし宗派が分かっている場合、浄土真宗では、「御仏前」を、またキリスト教では「お花料」を準備しましょう。
不祝儀袋に名前などの文字を書く際は、薄墨で書きましょう。墨が無い場合は、市販の墨ペンで構いません。
名前を書く位置は、水引の下です。基本的に自身の名前は新姓で記載しましょう。旧姓を記載した場合は名前の横に記載し、代理の場合は(仕事の関係であるならば)役職名などを記載し、渡した後にその旨をきちんと報告しましょう。

 

また、不祝儀袋の準備ができたら、袱紗に必ず包みましょう。手渡しするときに、袱紗から出して渡すのが一般的なマナーです。

ご焼香の作法は?

葬儀でのご焼香の作法は、日常で行われる焼香と違います。
焼香の順番は一般的には係員の人が案内しますので、自分の番が回ってきたら

  • ・焼香台の手前で遺族、僧侶に礼ます。
  • ・焼香台の前に立ち、遺影に向かって礼をします。
  • ・右手の親指と人差し指、中指の3本で抹香をつまみます。
  • ・つまんだ抹香を目の高さまで持ち上げた後、香炉の中に抹香を落とします。
    一般的にはこの動作を1~3回行います。宗派によって異なりますので事前に分かる場合は確認しましょう。
  • ・抹香が終わったら、遺影に向かって合掌をし、礼をしてから焼香台から離れます。
  • ・最後に遺族へ1礼をして席に戻りましょう。

回し焼香の場合も同じ作法で大丈夫です。

3.お悔みの言葉

忌み言葉

最後に葬儀の間、使用を避けたい忌み言葉についてご紹介します。

  • 忌み言葉は不幸が重なるような意味を持つ言葉です。
    死を思わせたり、繰り返しの表現になる言葉は避けるのが最低限のマナーです。

 

▼忌み言葉の例

  • ・浮かばれない
  • ・迷う
  • ・成仏してください
  • ・供養
  • ・迷う
  • ▼繰り返しの表現
    • ・わざわざ
    • ・再三再四
    • ・たまたま
    • ・重ね重ね
    • ・いよいよ
    • ・度々
    • ・くれぐれも
    • ・皆々様
    • また、文章の場合は句読点を使用するのも避けましょう。終わり、という意味があるからです。
      ですが句読点が無いと読みづらい文章になるため、代わりとして空白「 」を入れるのが良いでしょう。

      4.まとめ

      葬儀のマナーについてご紹介しましたが、突然の訃報があった時は慌ててしまうことが多いと思います。
      事前に準備や確認をしておき、最低限のマナーで葬儀に参加しましょう。

豆知識

2019.09.20火葬式と家族葬の違いとは? 葬儀プランの流れと注意点をご紹介。

皆さんは家族葬や火葬式(直葬)という言葉をよく聞くことはありますでしょうか?
最近では、大勢の人で執り行う豪華なお葬式ではなく、シンプルな形で簡略化して行う新しい形のお葬式が増えてきています。では、何故このような形のお葬式が増えているのでしょうか?
そのプランの流れと注意点をご紹介していきたいと思います。

1.家族葬と火葬式が増えつつある理由

家族葬と火葬式が増えつつある理由

選択される葬儀の割合

2018年の葬儀社アーバンフューネスのエンディングデータバンクによると
全国の約60%が家族葬を選択し、20%が火葬式(直送)を選択しているという結果が出ました。
ではなぜこれらの葬儀方法が最近増えつつあるのでしょう?

img02
出典元:アーバンフューネス 出典リンク:エンディングデータバンク

家族葬と火葬式が増えている背景

家族葬と火葬式が増えている理由は2点あります。

・地域社会の希薄化
・一般葬と比べて金額が安い

最近、都心へ行くほどご近所づきあいが少ないと感じることはありませんか?
葬儀も一緒で、田舎より都心の方で家族葬や火葬式(直送)を選ぶ人が多いという結果が出ています。

また、後で詳しく紹介しますが、家族葬や火葬式(直送)は一般葬に比べて比較的金額を安く行うことができます。
バブル以降、葬儀へのお金のかけ方が減少傾向にあるため、家族葬や火葬式(直送)を行う人が増えているのではないでしょうか?

そんな家族葬と火葬式(直送)の違いは一体どんなところでしょう?
次では、詳しいプランの流れを見ていきたいと思います。

2.家族葬と火葬式の違いとは?

家族葬と火葬式の違いとは?

家族葬とは…

一般葬と家族葬の主な違いは、大々的に人を集めて行うか、親しい間柄で行うかで分けられます。
家族葬は身近な親族のみで行われることが多く、縁の薄い方には参加の気を遣わせない、といったプランです。

火葬式(直送)とは…

火葬式と直葬は同じ意味の言葉です。葬儀場によって、言い方が異なる場合があります。
一般葬と火葬式の主な違いは、儀式的なものがあるかないかです。
ここでいう”儀式的なもの”とは、お通夜と告別式のことを指します。

儀式的なものは省いて、葬儀をシンプルに終わらせたい方に向いています。

一般葬の流れ

一般葬の流れ

火葬式の流れ

グ火葬式の流れ

3. 家族葬と火葬式の注意点

家族葬と火葬式の注意点

ここまでで、家族葬と火葬式の葬儀の流れについてお分かりいただけたと思います。
ここでは、そんな2つの葬儀プランのメリットとデメリットをご紹介します。
下の表を確認しながら、どのプランが1番自分に合っているか確認していきましょう。

家族葬の注意点

家族葬の場合、注意しておかなければならないのは、以下の2点になります。

・弔問客が自宅へ訪れ、その対応で日常生活や葬儀後の諸手続きをする時間が圧迫される
・周囲からの理解が得られない場合がある。
家族葬は親しい人たちでシンプルに行える半面、葬儀に参加できなかった弔問客の対応に追われることにもなりかねません。
また、葬儀に参加したいのにできなかった人たちの理解を得られていない場合、後々のトラブルにもなりかねません。
そのため、周りに事前に説明し、準備をしておくなどが必要になってきます。

火葬式の注意点

火葬式の場合、注意しておかなければならないのは、以下の3点になります。

・安置所の確認
・役所の葬祭料の確認
・ 菩提寺やお世話になっているお寺への確認

安置所の確認

あなたはご遺体をすぐに火葬してもよいかどうか知っていますか?
法律では、ご遺体は24時間たった後でないと火葬してはいけないと決まっています。
そのため、火葬場に回す前にご遺体を安置しておく場所が必要になります。
ちなみに、病院などではご遺体を長く置いてもらうことはできません。

安置所を選ぶ際に、自分で手配するか、葬儀社に頼んで手配してもらうかで手間が少し変わってきます。
自分で手配した方が金額は少なく済みますが、火葬場がいつ空くかわからない状況で
安置所の確保を自分たちでしなければいけないのがストレスになる場合もあります。

役所の葬祭料の確認

健康保険組合や自治体の制度で、葬儀費用の一部を負担してもらえる制度があります。
健康保険では埋葬料、国民健康保険では葬祭費というのですが、それらをもらう為には、事前に申請が必要になります。
火葬式で葬儀を終えた場合、 「葬儀は行われていない」という理由で葬祭料が支払われなかったという例もありますので事前に確認しておきましょう。

菩提寺やお世話になっているお寺への確認

火葬式で葬儀を上げる場合、お坊さんによる読経などが無いという理由から、お寺への納骨を断られる場合があります。
親しくしているお寺がある場合は、事前に相談しておくのがベストです。

また、 戒名をつけてもらいたい場合も、 お布施を用意した上で事前にお寺に相談しておきましょう。

2つの葬儀の注意点をご紹介しましたが、どちらにしても、前から周りの人たちと確認を取っておくことが重要なことになってきます。
生前から葬儀の話をするなんて不謹慎だ、と思われる方もいるかもしれませんが、
特に火葬式の場合は、皆が100%納得して周りともトラブルを起こさないために、前々から確認しておくのも1つの手かもしれません。

4.家族葬と火葬式の金額はいくらくらい?

家族葬と火葬式の金額はいくらくらい?

最後に、葬儀料金についてお話ししたいと思います。

葬儀場によってまちまちではありますが、大手の葬儀社で確認をとったところ

家族葬
40~120万円

火葬式(直葬)
20~70万円

セレベルでの家族葬の流れはこちらからご確認いただけます。

2つの式のやり方をしっかり検討して頂いた上で、納得のいく葬儀プランをお選びください。

お知らせ

2019.07.02大岡地区交通安全教室に参加しました

大岡地区交通安全教室を南警察署・交通安全協会のご協力のもと
南小学校で実施され参加しました。

 

oooka_koutsu001

雨天の為、実技講習は無く 体育館での交通講義・交通安全ビンゴゲーム・体験コーナー
という内容でした。

お話を聞きビンゴゲームでは反射材などの景品を頂きました。

 

oooka_koutsu002

 

体験コーナーでは特殊なメガネ(泥酔状態)をかけ思うように歩けずポールを蹴飛ばして
しまうなどとても貴重な体験をしました。

 

oooka_koutsu003

 

最後に色々な形でまだまだ続いている振り込め詐欺の話も聞き
大人も子供も参加して有意義な時間を過ごしました。

————————————————————–

横浜市の「故人様とゆっくり過ごせる家族葬」なら

家族葬専門葬儀社「セレベル」

TEL:0120-5594-393

24時間365日年中無休

————————————————————–

お知らせ

2019.06.17【令和初】弘明寺の写経に参加しました。

みなさんこんにちわ!

セレベルの石原です。

 

本日は令和初の写経に参加させて頂きました。

御詠歌を聞かせて頂き、心静かに写経しました。

 

shakyou20190617

 

山下和尚様よりお金がなくとも心豊かにと、

落語のお話を交えて皆さんを笑わせながら、

とても良いお話しを聞き楽しい時間を過ごす事が出来ました。

 

shakyou20190617002

 

————————————————————–

横浜市の「故人様とゆっくり過ごせる家族葬」なら

家族葬専門葬儀社「セレベル」

TEL:0120-5594-393

24時間365日年中無休

————————————————————–

お知らせ

2019.04.22平成最後の写経に行ってきました

みなさんこんにちわ!

セレベルの石原です。

 

 

今回は、平成最後の写経に行ってきました。

写経の前にお経を皆さんで唱えてから始めました。

 

shakei20190422002

 

今回は戒名、開経偈、回向などのお話しを聞く事が出来ました。

とても熱心な皆さんに圧倒されながら(^^ゞ

 

shakei20190422001

 

般若心経がスムーズに唱えられる様に頑張ります。

 

————————————————————–

横浜市の「故人様とゆっくり過ごせる家族葬」なら

家族葬専門葬儀社「セレベル」

TEL:0120-5594-393

24時間365日年中無休

————————————————————–

お知らせ

2019.04.10「新入学児童・園児を交通事故から守る運動」キャンペーンに参加しました

みなさんこんにちわ!

セレベルの石原です。

 

 

今回は、南交通安全協会の「新入学児童・園児を交通事故から守る運動」

キャンペーンに参加させて頂きました。

 

当初は 井土ヶ谷駅で行う予定でしたが雨の為、南区別所のイトーヨーカ堂さんで

防犯協会の方々と「振り込め詐欺と交通安全」の啓発物品を配布しました。

 

minamikoutsuanzen2019002

 

展示用のミニ白バイを用意しお子様達に乗っていただき写真を撮れるコーナーもありました。

私も実際に乗らせていただきました(^^ゞ

 

minamikoutsuanzen2019001

 

年号が変わりいろいろな詐欺が多発しています。

皆さん気を付けて下さい。

 

ちなみに4月10日はシートベルトの日だそうです~

 

————————————————————–

横浜市の「故人様とゆっくり過ごせる家族葬」なら

家族葬専門葬儀社「セレベル」

TEL:0120-5594-393

24時間365日年中無休

————————————————————–

1 / 2112345...1020...最後 »

セレベル家族葬プラン一覧

  • まごころプラン
  • なごみプラン
  • ひだまりプラン
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • お客様の声
  • セルベル式場
  • 選ばれる理由