おしらせ
豆知識

2018.07.19最近のニュースにて

こんにちは 飯塚です。

 

先日、大岡のお客さまから新盆についてのご相談をいただき、

水の子、白提灯、おがらなどを揃えてご準備のお手伝いをしました。

きっと迷わず帰って来て下さると思います。

 

昨年、お盆のお話はこちらでお伝えしましたので

今日は他のお話をします。

 

広島や岡山の豪雨被害のニュースを連日観ています。

想像を超える災害となりこの酷暑で大変な状況かと思います。

 

ニュースの中で、警察の方が身元確認のため故人様にお会いいただくように

「ご遺体はこちらです」とおっしゃっていました。

 

家族の方「もうご遺体… なんですね…」と力のない声で呟かれていたのです。

 

私たち葬儀社は、亡くなった方の生前を知らない事が多くありますが

ご家族にとってはつい少し前まで「故人様」でも「ご遺体」でもなく

その方そのものだったという事を改めて痛感したやりとりでした。

本来、葬儀に携わる者として当たり前なのですが

ご家族のお気持ちに寄り添いどう感じる、どう思う、と常に配慮して

言葉を使わなければいけない。

 

葬儀を滞りなく施行することは大事ですが、もっと根本の大切な事を

忘れてはならない、とセレベルスタッフ一同が、なお一層感じた事です。

どんな仕事でも心を置き去りにしてはならないと強く思いました。

 

遠く離れた横浜、弘明寺から心からお悔やみ申し上げます。

 

豆知識

2018.07.12お腹の中の赤ちゃんの万が一について

こんにちは 飯塚です。暑さと湿度と戦っております。

 

数か月前、 南区通町の方からご相談いただいた

お腹の中の赤ちゃんの万が一についてお伝えします。

 

流産、死産など原因は様々ですが どうしたらいいのか…

 

12週を過ぎたお子さまは大人と同じように火葬をしなくてはなりません。

12週というと妊娠4か月です。

 

火葬をする手続きなど葬儀社に頼まなくても実は可能ですが

体調はもちろん、精神的にとても辛い時に役所の書類やお棺のご準備など、とてもとても…

そこは葬儀社に任せてどうか休んでいただきたいです。

 

万が一の際…

まずはお電話をかけて下さい。夜間休日でも必ず出ます。

お子さまの週数、病院名、などを教えていただきます。

お子さまとご一緒に退院されてご自宅へお帰りになるのか、

私どもでお預かりさせていただくのかをお考え下さい。

赤ちゃんのお母様のご希望を第一に致します。

 

病院へお迎え、お身体のお手当などは大人とさほど変わりありません。

お棺、骨壺など必要になるものは全てご準備いたします。

金額はお子さまの大きさやご住所が市内か市外か、で違いがあり

約5万円台から15万円(双子、臨月など)ほどです。

 

火葬について、妊娠中期以降は お遺骨も残ることが多いです。

形あるものとして収骨致します。

火葬場の方もまだ小さいお体ですので、そこは細心の注意を払って下さいます。

 

退院や体調、お気持ちの問題などで火葬場に同行できない方、

お遺骨を引き取れないご事情の方もいらっしゃいます。

女性スタッフにどんな事でもご相談ください。

 

無事に産まれることは当たり前ではないと、常々思うお話でした。

 

 

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

 

TOPに戻る

お知らせ

2018.07.09フューネラルビジネスフェア2018に行ってきました

 

こんにちは 飯塚です。

6月に梅雨明けなんて…早過ぎませんか?

日焼け止めと汗拭きシートを常備している飯塚です。

 

早いと言えば、昨年のフューネラルからもう1年、月日が経つ早さにも

いつもながら驚くばかりです。

 

さて 今年もセレベル女性群4名で見学してきました!

南区中里を出発し、南太田、瑞延寺を横目に20~30分ほどでみなとみらい、

パシフィコ横浜へ着きます。

 

今年の傾向は 個人的な感想ですが

ペット、手元供養関連が増えたような気がしました。

逆にお返しものは減ったかな?

 

昨年 假屋崎さんデザインの棺を見学していたら

「お仕事入ったから戻って~」と電話が入り ほとんど見られず

一目散に車を走らせたのですが 今年はよーく拝見できました。

 

まぁ派手です…万人受けではないと思いますが 綺麗です。

昨年同様 ご本人も登場されたそうですがお会いできず写真だけ…

kariyazaki

出店された葬儀業界の皆さま、お疲れ様でした。

これからもお勉強させてくださいね。

 

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

 

TOPに戻る

豆知識

2018.06.19火葬場の色々⑥

 

こんにちは 飯塚です。
先日、上大岡の方から「火葬場って年中無休なの?」と

ご質問がありましたので今日は 火葬場の休みについてお伝えします。

 

1ヶ月の中で「友引」は4、5日程度あり、基本休みです。
ただし、友引でも 市内4か所の斎場のうち1か所は開場しています。
全てではありませんが 仏式の場合は友引に火葬しない事が多いので避けますが
「キリスト教」「無宗教」など六曜に関係のない方は友引に火葬することもあり
1か所だけは開場しています。

したがって 横浜市営斎場の休みは 月3日から4日ほどです。

 

 

年末年始は 友引がいつか?によりますが、ほぼ大晦日まで開場しています。
例年お正月は2日まで休みなので大晦日は火葬場も大忙しです。

 

金沢区の南部斎場、西区の久保山斎場は墓地と近く 時期により道路渋滞が激しいため
「春分の日」「秋分の日」共に休みです。

 

hokubu001

 

火葬場が忙しい、何とも言えないですが人口の多い横浜市、仕方のないお話ですね。

ちなみに 葬儀社は友引でも土日祝日でも365日稼働していますので

ご相談、ご質問などいつでもお問合せください。

 

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

 

TOPに戻る

豆知識

2018.06.14無宗教の葬儀について

皆さまこんにちは、セレベルの飯塚です。

今日は「無宗教葬」について、お伝えしようと思います。

 

 

ご相談の際「決まったお寺も宗派もないから 無宗教で」とのご希望を頂く事があります。

もちろん、どのような形のご葬儀でも問題ございません。

 

しかし、葬儀社としてはご希望に対しての注意点もお伝えしなければなりませんので

ポイントをお話しいたします。

 

■ポイント①:お墓はお持ちなのか、これから検討されるのか

万が一、実は寺墓地にご先祖様が眠っていらして故人様もそこへ納骨と考えている場合は、

葬儀の際にご連絡をせずに、お骨になってからお墓に入れるとなると、

お断りされる事があります。

 

これから決める/お墓がないという場合は、民間霊園などでしたらご心配いりません。

 

■ポイント②:葬儀の注意点

宗教者がいない葬儀は何をするのか?

お経もないのでどのようなスタイルをご希望されるのか、が重要です。

 

音楽を流し、故人様の経歴やご遺族の思い出などを語っていただいたり

献花や焼香、献灯などを選んでいただく、など。

 

お食事をしながら故人様を偲ぶ、など方法は様々です。

そういった事を決めなければならない為 喪主様はご負担もあります。

 

良い面としては…

時間の縛りが少ないこと、お布施がないこと、でしょうか?

 

ただ、ご参列されるご親族の中に

「お経をあげない葬儀なんておかしい!」と思う方も少なくありません。

 

無宗教葬に関してのご理解、ご説明は必要です。

 

 

しいて言うならば、【通夜・葬儀】という言葉より、「お別れ会」がしっくりくるかと思います。

 

 

■ポイント③:葬儀後に決めておくべきこと

葬儀・火葬も終わり、その後の「法要」ですが、

四十九日も特にないので、どうされるか。

納骨の方法・法要・供養についても、話し合っておいたほうがいいです。

 

無宗教だから、仏壇も位牌もなしという方もいます。

逆に仏教色の少ないものを用意し、写真を飾って偲ぶ方もいます。

 

良い面、そうでない面、どちらもありますので

よくお考えいただき 私どもはそのご希望を形にすること、悔いのない

お見送りができるように全力でお手伝いいたします。

 

 

kenka20180614

 

余談ですが、傾向として

「無宗教」としながらも、ついつい合掌してしまう。

それもいいのではないでしょうか。

 

 

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

 

TOPに戻る

豆知識

2018.06.06遺影写真を選ぶ目安について

こんにちは!

セレベルの飯塚です。

 

とうとう関東も梅雨入りしました。梅雨だる、なんて言葉も耳にしますが、

皆さま体調はいかがですか?

 

 

先日、中里の会員様と偶然 大岡公園でお会いしました。

その際「遺影写真について」のご質問がありましたので、

今日は写真についてお話ししたいと思います。

 

 

そういえば撮っていないなぁ、という方たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

葬儀の打ち合わせの際「故人様のお写真はございますか?」と伺うと、

「入院が長くて最近のはない」「施設で誕生日に撮ってもらった」など様々です。

 

 

遺影写真を選ぶ目安としては、故人様らしいものが最適です。

最近でなくても、その方らしいものでしたら、若い時の写真でも問題ありません。

 

ieishashin20180606

 

出来ればピントが合っているもの、お顔が大きめなものが更に良いです。

 

背景を変える・着せ替え・メガネの光など修正はかなり出来ますので

一人だけの写真でなくても問題ありません。

 

以前、女性のお客様から教えていただきました。

「美容室で毎回、会計の時に撮ってもらっているのよ。」

 

 

なるほど!

とてもいいアイデアだと感心しました。ヘアスタイルは万全です!

 

ちなみにスマホデータでも遺影写真は作れますので、

年に1度でも撮っておくといいと思います。

 

…という私本人は写真が好きではないのですが…(現実を目の当たりにするので)

いつ何が起こるかわからないので、たまには撮ってみようかな?(覚悟)

 

皆さまも早速1枚、撮影してみませんか?

 

 

お問い合わせはお気軽にご連絡下さい。

 

TOPに戻る

 

セレベル家族葬プラン一覧

  • まごころプラン
  • なごみプラン
  • ひだまりプラン
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • お客様の声
  • セルベル式場
  • 選ばれる理由