おしらせ
豆知識

2016.12.01世話係【お手伝いさん】の決め方

こんにちは

セレベルの澁谷です。

 

今年のインフルエンザはいつもより早い時期で流行っているようです。

先日予防接種をしましたが今年は結構腫れてびっくりしました。

 

私は葬儀業界に約10年いますが、葬儀の際

「お手伝いさんの決め方や進め方」

についての質問をよく受けます。

 

ご遺族としても、お手伝いとしても滅多にないことなので不安になりますよね。

 

結論から言うと、基本的に決まりはありません!

 

地域によってやり方が違いますし、最近は斎場での葬儀が多いのでそのホールや葬儀の規模、各葬儀社さんの進め方によって変わってくるのが正直なところです。

そういった決め事が無い場合の基本的なことをご案内いたします。

 

sewagakari

 

まずお手伝いさんの決め方ですが、優先順位的には受付・会計さんでしょう。

 

【受付の役割】

参列者から御記帳をいただきお香典を受け取り、返礼品の引換券をお渡しするのが受付の仕事です。

 

【会計の役割】

受け取ったお香典を袋から出し、金額を記録し集計するのが会計の仕事です。

 

【必要な人数】

受付の窓口の数の受付+会計のご準備が人数となります。会葬者が少ない場合は窓口1口であれば2人。大きい式の場合、窓口が4か所だとすると最低8人が必要人数となります。

 

【誰にお願いするべきか?】

お願いする方は参列される方に合わせるのが無難です。ご近所などの町内関係が来られると予想した場合は町内の方にお願いし、お仕事関係が多く来られる場合は仕事仲間や、スタッフにお願いするのが良いでしょう。自治会によっては決まっている場合もあるので町内会長や班長、会社では上司や取引先に相談すれば円滑に進むでしょう。最近ではお付き合いのある銀行や農協の職員さんに頼まれる方もいます。

 

※注意点:現金を扱うところなので、会計には責任者として親族を一人入れておけばお互いに安心するでしょう。

 

その他、大勢の参列者が来られる場合は道案内、返礼品配り、飲食の接待のお手伝いが必要な時がありますが葬儀社のスタッフもお手伝いしますので担当者と打ち合わせして下さい。

 

葬儀は昔から相互扶助の精神のうえで成り立っています。ご遺族だけでは何もできません。

葬儀の時だけでなく普段からお付き合い、コミュニケーションを取っておけば助けてくれるでしょう。

 

otetudai001

 

お問い合わせフォームはこちら

 

TOPページに戻る

 

豆知識

2016.12.01葬儀と葬式の違いって知ってますか?

こんにちは

セレベルの澁谷です。

 

本格的に寒くなってきましたね。

私は毎日自転車での通勤なのでとてもつらい季節です。

 

最近よくホールに事前相談や見学に来られるお客様が非常に多いのですが、

インターネットなどで情報を持っている方が多く、終活としての葬儀のご相談は

もちろん儀礼や宗教のことも相談される方も増えてきています。

 

先日も「葬儀と葬式ってどう区別するの?」というお問い合わせがありました。

 

sougi001

 

今では葬儀も葬式も同じ意味合いとして使う方がほとんどですが、本来は少し違います。

 

【葬儀】=葬る儀礼、儀式

【告別式】=お別れの式

 

【葬式】=葬儀+告別式の合わせた造語

 

というのが本来です。

 

葬儀は宗教者を呼んで近親者のみでその宗教儀礼にのっとり執り行います。

ですから私たちが参列者としていく場合、近親者のお焼香までが葬儀、参列者のお焼香

お別れの式が告別式にあたるわけです。

 

057

 

最近の葬儀はほとんどがこちらではないのでしょうか?

もちろん諸説ありますが、「お葬儀」と呼ぶほうが無難で正しいようです。

 

他にも気になる事がございましたら、お気軽にご連絡下さい。

 

お問い合わせフォームはこちら

 

TOPページに戻る

 

 

お知らせ

2016.11.14葬儀事例を追加致しました。

皆様、こんばんは!

セレベルの飯塚です。

 

本日、葬儀事例を追加させて頂きました。

ぜひ葬儀社選びのご参考にして下さい。

 

お客様によってもご要望は様々ございます。

弊社3つのプランをなぜ選ばれたのか、

また、総額いくらになったのかなど、ご参考にして頂けるものと考えております。

 

詳細は下記プラン名をクリックして頂くと、ご確認頂けます。

 

■真(まごころ)プラン

真プラン001

 

■和(なごみ)プラン

和プラン001

 

■陽(ひだまり)プラン

陽プラン001

 

ご質問・ご相談はお気軽にご連絡下さい。

事前相談も受け付けております。

 

お問い合わせはこちらから

TOPページへ戻る

 

イベント

2016.11.14終活対策セミナーのご案内【2016年11月23日開催】

こんにちは!セレベルの澁谷です。

いよいよ寒くなってきましたね。みなさん風邪などひいてないですか?
私は今のところ大丈夫です。

 

さて、今年から横浜市南区役所、公会堂が浦舟町に新庁舎になって移転したのは
ご存知ですか?

とてもきれいで駐車場も多く雨の日でも濡れずに中に入れます。

 

この公会堂で今月の23日に弊社株式会社セレベルと横浜葬祭福祉センターが共催で
セミナーを行います。葬儀の話はもちろん弁護士の先生や司法書士の先生をはじめ終活
のプロが皆さんのギモンにお答えします。セミナーは参加費無料ですが、今回はなんと
全ての講師の個別相談まで無料です!とてもお得なセミナーですので是非ご参加下さい。

 

葬儀社が2社で行うセミナーも珍しいですよ!

かぞく葬儀の窓口セレベルと火葬式・福祉葬の横浜葬祭福祉センター。
きっと求めている情報がありますよ。

 

■チラシはこちら

生前対策セミナー南区公会堂

 

■日時

11月23日(水)13:00~(受付)

■場所

南公会堂

 

ご予約・お問い合わせは 045-660-6600

 

TOPページに戻る

 

 

 

豆知識

2016.11.14葬儀事前相談のメリット・デメリット【豆知識】

こんにちは セレベルの飯塚です。

 

両親も高齢だし まだ考えたくないけど もしも急に亡くなったらどうしたらいいんだろ…

どこかでそう思いながらも 葬儀社に行くのも電話するのも少し気が重いな~

なんて思っている方 たくさんいらっしゃるかと思います。

 

しかし、事前に相談にこられて、もし亡くなったらまず何をするのか、

金額はいくらかかるのか、どうやって葬儀社を決めたらいいのか、など

知っていて良かった!と 皆さんおっしゃいます。

 

【万が一に備えて】 【いくつかの葬儀社にお問合せして】

ご納得いただけたところにされることもお勧めします。

大事な家族の最期…こんなはずじゃなかった、だけは避けたいですよね。

 

いつかは…と覚悟していたつもりでも いざ家族が危篤、急変した時に

もうそばは離れられないし、かなり慌てます。

 

そんな時 これからどうすればいいのかわかっている、と随分気持ちが落ち着きます。

 

「心の準備」です。

 

敢えてデメリットはあるの?と聞かれたら

言いたくない話をしなくてはいけない(家族の関係やお金の心配など)

葬儀社によっては、【個人情報】が心配でしょうか。

 

安心してください!

セレベルは お名前・ご住所など言いたくないことは聞きません!

お客様の知りたい事だけをしっかりお答えします。

そして 葬儀のプロとしてのアドバイスもできます。

 

IMG_0385

 

決して自宅訪問をしたり、電話をかけたり、家族に伝えたりしませんので

どうか皆さまご心配なく。

 

詳しくは、事前相談ページをご確認下さい。

 

TOPページへ戻る

豆知識

2016.11.14言葉のマナーについて【豆知識】

こんにちは! セレベルの飯塚です。

 

日常で使う機会の少ないお悔やみの言葉など

難しく感じられるかと思いますが

重要なポイントをお知らせします。

 

【重ね言葉は避ける】

たびたび・重ねる・いよいよ・くれぐれも・など

 

【不幸なイメージを連想させる言葉】

とんでもないこと・迷う・苦しむ・続く・繰り返す・成仏できない

 

【神式やキリスト教の葬儀での言葉】

ご冥福、ご供養

※仏式の用語ですので、神式やキリスト教では使いません

 

maner001

 

その他、気になる言葉などがありましたら、お気軽にご相談下さい。

もっと知りたい!!という方も、お気軽にご連絡下さい。

 

TOPページに戻る

 

13 / 14« 先頭...1011121314

セレベル家族葬プラン一覧

  • まごころプラン
  • なごみプラン
  • ひだまりプラン
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • お客様の声
  • セルベル式場
  • 選ばれる理由